何よりもレーシッククリニックのサポート体制に注目

安全とされているレーシックなのですが、実際には僅かな確率ですが、感染症や合併症が引き起こされています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。

 

レーシックでは技術や経験も大切なことですが、しっかりとサポート体制が整っている病院を選ぶのもポイントに入れましょう。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。
実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。 レーシックをする前にまずはサポート体制が整っている病院を探すということを頭に入れておきましょう。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。

アレキサンダーアンドサン、今すぐ
http://hotels.his-j.com/HotelDetail/40F00003.aspx



何よりもレーシッククリニックのサポート体制に注目ブログ:02 8 22

あたしには0歳と3歳になる娘がいます。
その二人の娘を保育園に預け、
仕事をしながら、バタバタと家事に追われ…

夕方の忙しい時など、
あたしに余裕がないせいか、
特に3歳の娘には
いつも怒った口調で話していました。
「早くしなさい」「何やってんの」

あたしのイライラが娘に伝わってか、
娘もわぁわぁ泣きわめきます。
そんな毎日が続いていました。

一週間くらい前、新しい絵本を購入しました。
「ちょっとだけ」という絵本です。

内容は、まさに我が家と同じで
お姉ちゃんになった女の子が主人公。

いつもお母さんに甘えたいのに
お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、
なかなか言い出せず…

お姉ちゃんはいつもちょっとだけ我慢して
自分一人で頑張っているのです。

牛乳を冷蔵庫から取り出して
こぼしながらもコップに入れたり、
パジャマのボタンも難しいけれど自分でやって着てみたり…

でも24時寝るとき、
どうしてもお母さんにだっこしてもらいたくて、
「お母さん、ちょっとだけでいいからだっこして…」
と言いました。

するとお母さんは言います。
「ちょっとだけじゃなくて、いっぱいだっこしていい?」
その間、赤ちゃんにはちょっとだけ我慢してもらいました…
というお話です。

その絵本を読んでいる時、
娘の目には涙がポロンと出ていたのです。

そして読み終わった後、
「お母さん、ちょっとだけだっこして」
と言いました。

あたしは0歳の娘を置いて、
お姉ちゃんをぎゅっとだっこしてあげました。

うわあーん!と娘は号泣しました。
なにか小さいながらにも我慢をし、感じていたのでしょうか。

でも反省するのはあたしのほうで、
いつも娘に怒ってばかりで、思えば冷たい言葉ばかりでした。

きっと嫌な思いをしていたんだろうなぁ…
ごめんね。