事前にレーシックで使用可能な給付金を確認しておきましょう

生命保険や医療保険ではレーシック手術に対して保険金を給付してくれるケースがあります。
そのような場合には事前に手続きを申請しておく必要があります。

 

最近では保障の対象外となる保険会社も出てきていますから注意が必要です。
ハッキリとわからない時には、加入をしている保険会社に問い合わせをして詳細を確認しましょう。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 貴方が加入をしている生命保険や医療保険がレーシック手術を保障の対象としているかどうかをまずは確認しましょう。
保険会社の担当者、またはホームページをしっかりと確認して、レーシック手術対象となるかをチェックしましょう。



事前にレーシックで使用可能な給付金を確認しておきましょうブログ:08 8 22

「お腹のポッコリが気になりはじめた」
「お気に入りのパンツが入らなくなった」などが、
シェイプアップを始めたきっかけだと思います。

そんなとき、ネットで調べたり、
テレビや雑誌で話題になった
「簡単なシェイプアップ」に飛びついていませんか?

実際
「簡単なシェイプアップ」で成功した人もいると思います。
そのシェイプアップ方法は、その人に合っていたのでしょう。

しかし、
全て人に合っているとは考えもの…

例えば
「体重100キロの人が、三ヶ月で30キロの減量」
というようなシェイプアップ特番がよくあります。

これは、
肥満体質の方が余分な脂肪を落とした結果です。

体重55キロの人が同じシェイプアップをして
同じような減量ができるでしょうか?

30キロとはいかなくても、
減量できる場合もあるでしょうが、
それは、余分な脂肪を落としたのではなく
「やつれた」だけではないのでしょうか。

逆に栄養不足で肉体が本能的に脂肪を溜め込み、
リバウンドして体重が増えてしまう場合もあるでしょう。

シェイプアップには、
自分に合った方法が存在します。

シェイプアップは時間がかかります。
というよりも「一生続ける」ことかもしれません。

一時的にお腹周りを解消できても、
今まで行ってきたシェイプアップをやめてしまえば、
元に戻ってしまいます。

長期的にお腹をへこませるためのシェイプアップ方法で、
お腹がへこんだあとも
継続していける方法を見つけなければなりません。

そのためには、
楽しく、生活習慣に溶け込んだ方法がベストです。

最初は「シェイプアップするぞ」という意識をもって取り組んで、
いつのまにか「シェイプアップしている」ということを
忘れてしまうような方法です。